以下イカは、社団シャダン法人ホウジン空気クウキ調和チョウワ衛生エイセイ工学コウガクカイ編集ヘンシュウ 空気調和・衛生工学会規格キカク「SHASE−S 217-2008 グリース阻集器ソシュウキ D.2 維持イジ管理カンリジョウ留意点リュウイテン」を許可キョカ転載テンサイしたものです。
D.2 維持イジ管理カンリジョウ留意点リュウイテン
阻集器の性能を維持するためには、適切な維持管理が不可欠である。阻集器の維持管理とは、保守点検及び清掃を行うことである。
(1) ちゅうボウ排水ハイスイカンする注意チュウイ事項ジコウ 阻集器ソシュウキハバシュウ対象タイショウドウ植物性ショクブツセイ油脂ユシであり、溶解性ヨウカイセイのBOD(生物セイブツ化学カガクテキ酸素サンソ要求量ヨウキュウリョウ)などの有機物成分を阻集することは期待できないので、できるだけ流さないようにする。また、高温水・強アルカリ洗浄剤の流入は、エマルジョン(乳濁化)を促進し、分の分離浮上を困難にするので避ける必要がある。そのためには、次の事項に留意することが重要である。
a) 洗い流す水は、適量にし、過剰に使用しない。
b)  洗剤は、希釈して使用するなど使用量を削減する。
c)  高温水は、直接流さないで、水を加えるなど冷やしてから流す。
d)  廃食油は、流さない。
e)  乳製品など汚濁負荷量の高いものは、できるだけ流さない。
ヒョウ D.1− グリース阻集器ソシュウキ点検テンケンヒョウ
建物タテモノ名称メイショウ   点検テンケン月日ガッピ ネン ツキ 
ミセ メイ   テン ケン シャ  
カタチ    シキ   製造業セイゾウギョウシャメイ  
サ イ ズ L×  W×  H ザイ      シツ SUS  FRP  SS  その
  点検テンケン項目コウモク 点検テンケンオヨ保守ホシュ内容ナイヨウ 結果ケッカ
1 作業サギョウ環境カンキョウ 本体ホンタイ上部ジョウブオヨマワりに障害物ショウガイブツなどがないか。 テキ不適フテキ(    )
点検テンケン清掃セイソウ容易ヨウイにできるか。 テキ不適フテキ(    )
2 ゼン  カラダ 本体ホンタイ内部ナイブ腐食フショク劣化レッカがないか テキ不適フテキ(    )
阻集ソシュウグリースオヨびたいセキザンさの状況ジョウキョウはどうか。 テキ不適フテキ(    )
異物イブツ・きょう(キョウ雑物ザツブツ混入コンニュウがないか。 テキ不適フテキ(    )
悪臭アクシュウがないか。 テキ不適フテキ(    )
排水ハイスイ状況ジョウキョウ水位スイイナガレれ)はどうか。 テキ不適フテキ(    )
3 ふ  た がたつき(段差ダンサりなど)がないか。 テキ不適フテキ(    )
さびオヨ腐食フショクがないか。 テキ不適フテキ(    )
欠損ケッソン欠落ケツラクがないか。 テキ不適フテキ(    )
4   ワク 破損ハソン劣化レッカがないか。 テキ不適フテキ(    )
がたつき(段差ダンサりなど)がないか。 テキ不適フテキ(    )
5 バスケット 適切テキセツ設置セッチされているか。 テキ不適フテキ(    )
ちゅうかいがあふれていないか。 テキ不適フテキ(    )
取外トリハズしが容易ヨウイにできるか。 テキ不適フテキ(    )
破損ハソン劣化レッカがないか。 テキ不適フテキ(    )
毎日マイニチ清掃セイソウオコナっているか。 テキ不適フテキ(    )
6 ヘダ   イタ 適切テキセツ装着ソウチャクされているか。 テキ不適フテキ(    )
取外トリハズしが容易ヨウイにできるか。 テキ不適フテキ(    )
欠損ケッソン欠落ケツラクがないか。 テキ不適フテキ(    )
7 トラップ 適切テキセツけられているか。 テキ不適フテキ(    )
固定コテイされているか。 テキ不適フテキ(    )
掃除ソウジクチがあるか。 テキ不適フテキ(    )
破損ハソン劣化レッカがないか。 テキ不適フテキ(    )
フウミズ確保カクホされているか。 テキ不適フテキ(    )
特記トッキ事項ジコウ  
f)   ちゅうかいは、流さないで取り除き、分別処理する。
g)  紙、布などで汚れをよくふき取ってから、調理器及び容器を洗う。
h) 調理以外の排水は、流さない。
i)  油脂分を分解して、排水として流すタイプの油処理剤などは、使用しない。
(2)   カミ テン ケン 保守ホシュ点検テンケン適切テキセツでないと、排水管ハイスイカンりや汚水オスイ滞留タイリュウなどにより、悪臭アクシュウオヨ衛生エイセイ害虫ガイチュウ発生ハッセイマネき、正常セイジョウ機能キノウ維持イジできなくなる。環境カンキョウ衛生エイセイジョウ良好リョウコウ状態ジョウタイ維持イジするためにも、点検テンケン実施ジッシし、異常イジョウ有無ウム確認カクニンするとともに、異常イジョウショウじた場合バアイスミやかに管理者カンリシャ連絡レンラクする。また、必要ヒツヨウオウじて補修ホシュウオヨ整備セイビオコナうことが重要ジュウヨウである。
 
点検テンケンは、性能セイノウ機能キノウ維持イジすることを目的モクテキとし、清掃セイソウのたびにオコナい、必要ヒツヨウオウ修理シュウリ取替トリカえなどの措置ソチコウじる。グリース阻集器ソシュウキ点検テンケンヒョウヒョウD.1に参考サンコウとしてシメす。 
(3)  キヨシ     阻集器ソシュウキは、ミズ表面ヒョウメン阻集ソシュウしたグリースと底部テイブにたいセキした残さを適時除去しなければならない。除去を怠ると、阻集性能が損なわれるばかりでなく、阻集物の腐敗などにより非衛生的な状態になるので、適切に除去・清掃を実施しなければならない。
a)  バスケットの清掃 バスケットにたまったちゅうかいは、日常清掃として少なくとも1日1回、ちゅう房業務終了除去ジョキョすることで、バスケットの初期ショキ機能キノウ維持イジし、配管ハイカンへの異物イブツ混入コンニュウフセぐことが可能カノウになる。また、バスケットのちゅうかいはミズって適切テキセツ分別ブンベツ処理ショリしなければならない。日常ニチジョウ清掃セイソウ頻繁ヒンパンオコナうことで、腐敗フハイシュウスクなくなり、阻集ソシュウグリースやたいセキ残さも減少する。
b)  阻集ソシュウグリースオヨびたい積残セキザンさの除去ジョキョ 阻集器ソシュウキミズ表面ヒョウメン阻集ソシュウしたグリースと底部テイブにたいセキしたザンさは、阻集器ソシュウキ選定センテイサイめたそれぞれの掃除ソウジ周期シュウキ掃除ソウジオコナって、除去ジョキョするようにする。阻集器ソシュウキは、阻集ソシュウグリースの質量シツリョウとたいセキザンさの質量シツリョウとの合計ゴウケイ最大値サイダイチ標準ヒョウジュン阻集ソシュウグリースの質量シツリョウ以下イカとなるように掃除ソウジ周期シュウキめて選定センテイしている。そのため、この掃除ソウジ周期シュウキえると、阻集ソシュウグリースオヨびたいセキザンさの質量シツリョウ標準ヒョウジュン阻集ソシュウグリースの質量シツリョウえることになり、阻集ソシュウ性能セイノウ低下テイカする。
1)  阻集器ソシュウキミズ表面ヒョウメン阻集ソシュウしたグリースの除去ジョキョは、阻集ソシュウグリースの掃除ソウジ周期シュウキ工場コウジョウ製造セイゾウ阻集器ソシュウキでは、4.2.3.1のシキ(4)マタは4.3.3.1のシキ(8)におけるixアタイ現場ゲンバ施工セコウ阻集器ソシュウキでは、6.のシキ(10)マタシキ(10’)におけるixアタイ)をモトオコナう。
2)  阻集器ソシュウキ底部テイブにたいセキしたザンさの除去ジョキョオヨ阻集器ソシュウキ本体ホンタイ構成コウセイ部品ブヒン掃除ソウジは、たいセキザンさの掃除ソウジ周期シュウキ工場コウジョウ製造セイゾウ阻集器ソシュウキでは、4.2.3.2のシキ(5)マタは4.3.3.2のシキ(9)におけるibアタイ現場ゲンバ施工セコウ阻集器ソシュウキでは、6.のシキ(12)マタは(12’)におけるibアタイ)をモトオコナう。
 ちゅうボウ使用シヨウ水量スイリョウカンする調査チョウサ結果ケッカによると、おおむね阻集ソシュウグリースの除去ジョキョは1週間シュウカン、たいセキザンさの除去ジョキョ阻集器ソシュウキ全体ゼンタイ清掃セイソウは2〜4週間シュウカン周期シュウキとしている。
(4)  油脂ユシブン分解ブンカイするキンマタはオゾンなどを利用リヨウするばっ装置ソウチ追加ツイカ設備セツビ禁止キンシ 既設キセツ阻集器ソシュウキ油脂ユシブン分解ブンカイするキン投入トウニュウしてばっしたり、オゾンをばっしたりする処理ショリ装置ソウチ追加ツイカして設置セッチすると、ばっ装置ソウチによって阻集器ソシュウキナイがかくはんされ、分離ブンリ浮上フジョウしている阻集ソシュウグリースオヨびたいセキザンさが流出リュウシュツすることになる。したがって、ばっ装置ソウチ追加ツイカ設置セッチしてはならない。
(5)  油脂ユシブン分解ブンカイして、排水ハイスイとしてナガすタイプの油処理剤ショリザイ使用シヨウしない 使用シヨウ食用ショクヨウぜて排水ハイスイとしてナガすタイプの処理剤ショリザイ、グリース阻集器ソシュウキナイ油脂ユシブン分解ブンカイして排水ハイスイとしてナガすタイプの処理剤ショリザイなどは、油脂ユシブン乳化ニュウカさせ分散ブンサンしているだけで、油脂ユシブン分解ブンカイされることなく排水ハイスイされるので使用シヨウしてはならない。
出典シュッテン 社団シャダン法人ホウジン 空気クウキ調和チョウワ衛生エイセイ工学コウガクカイ発行ハッコウ
空気クウキ調和チョウワ衛生エイセイ工学コウガクカイ規格キカク
SHASE−S 217-2008 グリース阻集器ソシュウキ
P.18 D.2 維持管理上の留意点
< マエモド